« 満員御礼 | トップページ | 緑青 - rokudenashi blues - »

ミュージックレビュー第2弾!

Dsc01083_1またまたお久しぶりです。どうも。
眠れないあなたの為の心のおやつdai-5です。
ぶっ飛ばしたくなるフレーズですね。どうもどうも。

 

いやいや、いつもすみません、間を空けてしまってて。
そして気付けば今年も後わずか。師走に突入してしまいました。
一年。早いですねー。今年もみんなはフレッシュな一年でしたか?

音楽限定で言うなら…
沢山ライブへ行き、楽しみましたか?
沢山クラブで遊び倒しましたか?
沢山フェスで乗りまくっちゃいましたか?

ハメ外し過ぎて、気持ち悪い方向とかに行ってませんか?
友達に「……大丈夫?」とか言われちゃって「や…だから、そういう事言われると、ほら、ますます勘ぐって、今、アレだから…」ってますますIN(陰)な方向に行ってませんか?

逆にノリ良過ぎてカワイイ彼女とか彼氏できちゃいましたか?
そういう人は俺の敵です。ちょっと職員室にこいッ!!

ちなみに自分はダースベイダーなんでカワイイ女子から声掛けられても「シュコー…シュコー…」と興奮の吐息しか出せません。
良い!それでも良い!ビバ!ダークサイド!

.
.

 

…はい。

さてさて切り替えまして早速ですが
3発目の【DJ-MIX】で使ったレコードの音源紹介をしたいと思います。
ってか、ミュージックレビューって見てる人居るんかな?。。。(笑)

さて、一発目のレコード

Dsc01315_1[nahawa doumbia]
[I.G culture & aqua bassino Remix]です

3年も前に買ったレコードですが、中古で200円でした。。。
気になって調べたら以下の記事が出て来たので載せて置きます。



 
Africaのポピュラー音楽のリリースしている France のレーベル Cobalt のもの。
この音源のリミックスをリリースするレーベルとして、France の techno /breakbeats のレーベル

F_Communication
の傘下に作られたのが、Frikyiwaである。仕掛け人は、Frederic Galliano.

Remixの両人とも、FutureJazzのリミキサーでは有名らしいです。
知られてない名リミキサーはまだ沢山居ますね。



続いて2枚目。

Dsc01313_1

【indian ropeman : 66 meters】です。
これも、上記のレコードと同じ日に中古レコードショップで見つけて、試聴して即買いました。もう、ジャケからしてタイランドな匂いがプンプンしますね!
今更ながら
SKINTレーベルだって気付きました。


 

3枚目は…
Dsc01316_1 【Radar : Antimatter】です
最近で、一番今更ながらに気付いたヤッバイアーティストです。
昔、何かの音楽特集で小さくちっさく載ってる記事に目が惹き付けられました。

[クラシックオーケストラと一緒に演奏(スクラッチ)をするDJ DJ - Radar]

                        (その映像が流れてます↑)

Dsc01318_1まさか買ったこのレコードがその人本人の作ったレコードだったとは…
知らなかった。。。

こちらがDJ - Radarの公式HPです。
http://www.djradar.com/music.html





さて5枚目。これまた有名な…
Dsc01320 【Cold Cut : REVOLUTION】です!
彼らについては何も言う事はありません。だってもう、すごいんだもん。
公式HP :
http://www.coldcut.net/coldcut/ 
Ninja Tune HP :
 http://www.ninjatune.net/home/ 

一言言えるとしたら、同レーベル(Ninja Tune)所属で、自分見に行きました!
一度は見たいアーティストNo1ッ!!AmonTobin!!
最高でした…。悔しくなるくらい。さすがですわ、ここの方達は。

ちなみにここはMixで言うなら13分過ぎた辺り、スクラッチも入れてる部分の曲です。



という事で、ここでスクラッチが入りますのでネタ元を…
Dsc01321 【GEMINI IV SPACE NOVA !】です
日本人リミキサー、DJ/プロデューサー須永辰緒とDMRの共同によるレーベル。<Afters Or Records>から出たものです。"リラックスして聴けるデザート的な音楽をリリースしていこう"というコンセプトらしいです。 

Dsc01323_1

GEMINI IV SPACE NOVA !で検索すれば、試聴できる所へ飛べます。
スクラッチで使ってるため、実際の曲の部分は使ってないです。あしからず。
実際の曲の部分は暖かく心地良い宇宙旅行をしてる様なサウンドです。良いですよ。

 


続きまして7枚目
Dsc01326【SUB DUB - Original Masters 1993-95】です!
Raz Mesinai (Badawi)とJohn Wardによるデュオ・ユニット、Sub Dubの1993年から95年に作られたシングル・トラックを集めたコンピレーションです。
って、これが95年もの!?って驚く程のクオリティです。



続きまして8枚目
Dsc01327【WOLFMOTHER : WOMAN】です!
こいつらレッドツエッペリンです!カッコいいです。
実際 Led Zeppelinの再来と言われてて、ああ確かに…。と思いましたw
彼らのホームページで音源が流れてます。ホームページもイカしてる。

http://www.wolfmother.com/

Dsc01328

Wolfmotherのデビュー・アルバムからのシングルカットです。
最近こういうロッキンな感じを取り入れたものを自分は全般的に好みます。

最終的に、自分の目指す物はRockなんじゃないかと。。。
うん。言い過ぎました。



お待たせしました最後の曲です
Dsc01330_1【RJD2 : EXOTIC TALK】です!
既存のジャンルにとらわれず独自のビートを構築する、DEFINITIVE JUX
の誇る鬼才RJD2。傑作2NDアルバム「SINCE WE LAST SPOKE」からの
シングルカットです。


Dsc01332自分の中でHIPHOPと言うものを提示するならこんな感じだと思います。
あくまでロックが前提にあるリフなり上モノがなければ好みではありません。
特にMTVとかの合間に流れるベビーフェイスな黒人ラッパーが姉ちゃんとイチャイチャしながらラップしてる奴。ごめん、本当、アレは…苦手です。。。w

 



さてさて、いかがだったでしょうか。
ほとんど曲紹介ってより、自分の思った事をダラダラが書いてるので、参考にならないと思いますw まあ少しだけでも参考になってくれたなら嬉しいです。

では。

|

« 満員御礼 | トップページ | 緑青 - rokudenashi blues - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/150481/4442892

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージックレビュー第2弾!:

« 満員御礼 | トップページ | 緑青 - rokudenashi blues - »